松岡鉄鋼所

HOME > 事業内容

BUSINESS DESCRIPTION事業内容

製造に無限の可能性を

ワンストップな一貫生産体制Integrated production

金型設計から製作、メンテナンス・予備パーツの供給までお客様をサポート。
日本とアジアをつなぐ型供給体制をマネージメントします。

MATSUOKA
GROUP

仕事の流れ

海外のお客様

高真空ダイカスト金型・精密プラスチック金型を中心に製作からメンテナンスまで、一貫した体制で承ります。グローバルにはアジアを中心に強固なFamily Company連携体制で対応いたします。私たちの顧客志向サービスを部品1個、型の修理からご利用ください。

設計

お客様のブランドを支える特注一品をデータにします。

型に更なる高品質高機能を求めるお客様に対しては、全ての設計を3D化+2D図化することで、部品製作から調達・メンテナンス性を考え、グローバルでのお客様の利便性を想定して設計を進めます。
特にお客様の製品や型仕様の特徴、生産機の状況をお聞かせいただき、型用途に合わせたμm単位の公差設計に注力し、特注一品を数値化します。また、異業種連携による特殊接合技術やAdditive Manufacturing技術と冷却回路の自動設計カスタマイズシステムの提供をはじめ、様々な解析技術を活用してお客様の生産性向上とピースコスト低減やF-IoT等へ貢献します。

生産管理・製造

μm精度とスピード・コストの追求、そこに技術とノウハウ、ネットワークの総力が現れます。

    グローバル競争の渦中においでのお客様にとって、製品ごとに必要な型をいち早く入手して生産を即座に立ち上げる事は、勝ち続けるための必須条件と言えるでしょう。
    μm精度とスピード・コストを追求するにあたり、私たちは、投資と役割をパートナー企業と分業・専業化し、設備精度の管理情報や検査保証基準、負荷状況を共有して企業の枠を超えた生産管理体制を構築しています。さらに、それらをグローバルにも展開することで、お客様の競争力に貢献していきます。

    VIEW MORE

    加工技術

    高真空ダイカスト金型

    高真空ダイカスト金型を支えるのは、10μmレベルの嵌合精度と型温変化の想定による調整です。私達の金型は4kPa以下の真空度を確保することでお客様のダイカスト製品の内部品質向上に貢献しています。

    可変バルブタイミングシステム

    燃料噴射システム

    EGRバルブ

    インジェクター

    サプライポンプ

    高機能プラスチック金型

    高品質高機能を追求する製品開発と革新工程をつくり続けるお客様に必要なのは、より複雑な高機能金型です。私達の高機能プラスチック金型は、5μm以下の隙間と最適な合わせ面調整で微細なバリも許さない造り込みにより、お客様の安定生産と稼働率向上に貢献しています。

    大型ダイカスト金型

    大型ダイカスト金型に求められる品質を支えるのは、巨大部品の出戻りを許さない管理技術です。工程間の検査保証とコミュニケーションは欠かせません。
    様々な経験とノウハウで私達は大型ダイカスト金型の短納期供給でお客様に貢献しています。

    部品検査

    お客様と最終工程へ「安心」をお届けするために

    私たちは、切削加工・電気加工・研削加工などの様々な工程を駆使することで、部品を加工し、さらには完成部品そのものも調達しています。
    それぞれの部品には、型機能を実現するための役割があり、検査員はその役割を熟知し、型機能目線から部品の完成保証を行います。そのためにも、設計や仕上部署とのコミュニケーションは必要不可欠です。
    検査員はお客様や最終工程の代替者として、0.1μmオーダーで厳しく部品を見つめて合否を判定。しかるべき権限を持って各工程に対処を指示しながら、お客様に安心をお届けしています。

    仕上げ・組立て・出荷検査

    お客様の重要戦略ツールを形にする最終工程です。

    100個以上の金属加工部品で構成される型ですが、その扱いには繊細さが要求されます。例えば2~5μm精度で製作された部品でも、10個並べれば20~50μmの組付け精度になってしまいます。しかしながら、組立が完成した型の組付け精度を3μm以下にという要求箇所も数多あります。
    「どの部品を何μm調整すべきか?」「圧力800kgf/㎠を支える当り面の強さをどのレベルにするか?」などを判断し、設計者の意図やお客様の要求を実現できるかどうかは、仕上のノウハウにかかってきます。
    仕上という部署は、ある時はお客様の立場で社内を牽引し、またある時はお客様の工場で私たちの型を立ち上げ調整する、といった完成度を保証する任務も担っています。
    私たちが「仕上」を最も重要な工程の一つとして強化してきた理由はここにあるのです。

    メンテナンス

    お客様の稼働率維持とピースコスト管理の要になる型メンテナンス

    重要な任務のひとつに型メンテナンスが挙げられます。型メンテナンスは、型の機能を維持する上で、清掃から始まり消耗部品の寿命管理、時には溶接と機械加工による形状復元まで様々な気遣いが必要です。そして精度維持やメンテナンス性、型寿命伸長に向けた材質や表面処理の改善などの設計フィードバックも重要な仕事になるため、幅広い知見と経験も要求されます。これらの業務も全て仕上が遂行します。

    SERVICE

    AZUKI (THAILAND)金型メンテナンス

    お客様の工場稼働率維持のために大切な型メンテナンスから予備部品の供給まで、日本と連携したアジアでの型サポートでお客様に貢献します。

    2012年より稼働開始したAZUKI(THAILAND)は、日本のFamily Comany2社の出資によって、アジアのお客様サポートを目的に設立しました。ダイカスト金型をはじめ、プラスチック金型やプレス金型のメンテナンスと予備部品供給、型寸法調整等を請け負っています。
    特にダイカスト金型のメンテナンスにおいては、クラックや溶損形状の復元や合わせレベルの再調整が要求されるため、アルゴン/レーザー溶接技術、マシニング加工技術、仕上作業が重要になり、その強化を進めてきました。
    現地スタッフは、日系メーカーの要求レベルを実現できるノウハウを習得し、改善の風土もつくり上げてお客様と技術協議できる領域へ成長し、様々なお客様をはじめ各方面からご評価をいただいております。現在では、グローバルな型供給体制を支えるアジア拠点として様々な国のFamily Companyと関わりながら、業務を遂行しています。

    Contactお問い合わせ

    製品・サービスに関するお問い合わせは、
    お電話はまたは、
    お問い合わせフォームにて
    お受けいたしております。

    お問い合わせ・お見積もり・ご相談はこちら

    お問い合わせはこちらから

    NAGOYA052-621-2136
    GUNMA0276-73-2563